大正ロマンで非日常を~憧れのあの時代を旅するブログ~

華やかで儚い大正時代を味わいませんか。

*

京都・嵐山~嵐電(京福電鉄)~

   

P1010179

 

京都に帰ってきて最初の観光はここ四条大宮から。

暑い。とにかく暑い。

 

開通は明治43年(1910年)。大正時代に入る前から

庶民の足として今でも大切な交通機関です。

 

P1010182

 

P1010184

 

駅舎内はシンプルで今回乗った電車は一般的な形の電車でした。

 

春の時期には桜電車

randen_l

 

夏には妖怪をモチーフにした化け電。

d0182106_18123390

 

そして乗れればラッキー!な通年走っているレトロ車両など

バラエティに富んだ車両が魅力の路面電車です。

嵐電27号車と26号車

e5994114

 

交通網や時代の関係で全国的にも数が減っている路面電車ですが、

せめて今残っている物だけでも後世に残していってほしいです。

これからも定期的にお世話になります。

 

昔は単なる移動手段だった嵐電も

今や立派な観光地になりました。

特に終点の嵐山駅は駅舎ももちろん、

そこを中心としてたくさんのお店ができて

連日観光客の方でにぎわっています。

 

P1010191

 

P1010186

P1010189

 

あえて駅舎内でないところの写真をパチリ。

改札を出て左右のホーム沿いを歩くと

京都らしい和風柄の灯籠がいくつも立っています。

お昼は鮮やかな柄で、夜は優しく華やかな光で

観光客を楽しませてくれます。

201505312130353e0

 

 

嵐山は渡月橋や足利尊氏が建立した天竜寺などたくさんの名所があるので

昔から観光地としてのポテンシャルは抜群ですね。

和風、となるとどうしても平安時代や江戸時代色が強くなりますが、

レトロ車両があるんですから

もっと和洋折衷の部分にも力を入れてくれたらな~なんて

思っちゃいます。

 

京都嵐山には阪急電車やJRでも行くことができますが、

京都らしさ、ちょっと普段では味わえない様な観光がしたいなら

乗り換えてでも嵐電に乗ってほしいと思います。

 

阪急電車からは大宮駅、西院駅から、

京都市営地下鉄の東西線の太秦天神川駅から

それぞれ乗り換えができます。

 

金閣寺や竜安寺の方面の観光からでも接続に便利なので、

バスで嵐山に行くなら嵐電で景色を楽しみながら

ゆったり京都観光を楽しんでほしいと思います。

 

嵐山に到着した後は大正ロマンを感じられるカフェ

嵯峨野らしさを感じられる古い街並みを散策します。

どんな景色が待っているんでしょうか。

 

 - 京都 , ,

フォレックス・ドットコムクチコミ情報