大正ロマンで非日常を~憧れのあの時代を旅するブログ~

華やかで儚い大正時代を味わいませんか。

*

雨の日の旅行・観光の楽しみ方。

   

50171

 

せっかくの旅行なのに雨が振ったら最悪ですよね。

計画を立てて楽しむはずだったし、次はいつ行けるか分からない。

屋外でアクティブに楽しむプランだったら残念です。

 

私が観光で色々な場所に出かける時も

天気が悪くなることが多々あります。

体験的には50%くらいでしょうかね。

(複数人で行く時は大体晴れるんですが。)

 

そんなわけで個人的に雨でも観光や旅行を楽しめる方法を

書いていきたいと思います。

 

複数のプランを立てておきましょう。

旅行が楽しめない場合というのは体験したことが楽しめないというより

計画したことが実行できなかった場合が多いです。

これは雨の日の場合はもちろん、

例えば行く予定の場所が休日だったり開店時間の関係、

混み具合によっても変わってきます。

 

旅行に慣れている方ならそのあたりの下調べはされると思いますが、

思い付きで行ってみようとすると意外に運悪く休館の場合が多かったりします。

(私の浅草旅行の時も散々でした^-^;これはまあ自業自得なんですが。)

 

レトロな街並みを散策して大正ロマン溢れる温泉旅館に泊まるとすると、

大切なのは宿に向かうまでの観光。

建物内の見学よりも街並みの観光を優先するのか、

それとも美術館や喫茶店のようなレトロな建物を優先するのか。

 

岐阜県の大正村や岡山県倉敷市の美観地区は前者で

東京の喫茶店や美術館巡りは後者になります。

観光地にもよりますが、行きたい場所を絞った上で

屋内、屋外の複数のプランを立てておくと

当日どんな天候でも満足できる旅行になると思います。

 

※おすすめは屋外メイン、屋内メイン、両方合わせたものの

3種類のプランを考えておくことです。

ただし両方合わせたプランは予定を詰め込み過ぎないようにご注意を。

 

天気をあらかじめ予想しておく。

天気はどうやっても変えられません。

帰られるのは旅行の内容と日付のみ。

だけどまず行く日を決めないと計画が立てられませんよね。

 

私が旅行に行く際いつもやっているのが

行く日の前一週間の天気のチェックと

過去の同じ時期の天気のチェックです。

 

当日以外の天気なんて気にしても意味がないと

思われるかもしれませんが、

重要なのは一日のうちでも天気が変わるということです。

あなたの住んでいる場所でも午前は雨でも

午後から晴れてくることはありませんか?

 

一日のうちの数時間大雨が降ったからといってそれに予定を合わせると

もったいないと思うんです。

大雨の降った後なんて逆にすごくいい天気になることだってありますからね。

 

天気予報のチェックではその地域の天気の移り変わりを

重点的に見ます。

天気がコロコロ変わるような場所なら(海沿いや山沿いなど)

それを見越した旅行プランを持っておけば楽しめるってわけです。

 

私が住んでいる場所は京都府の田舎。

山の天気は変わりやすいと言いますが本当その通りで、

晴天でもすぐに曇ったり、また晴れたりの繰り返しです。

おまけに夏は暑く冬は寒い。

普段からこんな天気と共に生活しているので

旅行に行った時ぐらい天気を気にせずに楽しみたいんですよ。

 

ちょっと細かいこだわりの話になりましたが

天気予報をここまできっちりチェックしなくても

柔軟に対応出来たらそれでいいだけの話です。

ただ、○○だったらこうしたいというくらいの理想は持っておいた方が

旅行を楽しめることは間違いないですよ!

 

逆にラッキー!と思ってしまう。

雨の日に旅行・・・と悲しむ前に

発想を変えてしまうのも一つの方法です。

 

山形県にある銀山温泉は大正ロマンが感じられると人気の

温泉街で、今でも人気です。

その雰囲気を味わうために行く方たちがほとんどですが、

例えばこの温泉の風情を最も味わいたいなら冬に行くべきだと思っています。

それもちょっと吹雪いているくらいの。

 

 

夜の街灯と雪の景色が見たくてわざわざ冬に行く人もいるくらいです。

でも私はその気持ちが良く分かります。

旅行と一口に言っても雨や雪だからこそ楽しめる旅行だってあるんです

 

せっかく冬に銀山温泉に行ってるのに雪も雨もなにも降らなかったら

観光はしやすいかもしれませんが景観的にはちょっと残念に思ってしまいます。

私の場合はですけどね。

 

前置きが長くなってしまいましたが、

要するに楽しもうと思えば雨や天候の悪い日だって楽しめるし、

そっちの方が帰って魅力的になることもあるってことです。

 

明治、大正の建物ならランプや街の灯りと雨は似合うし、

天候が悪い中旅館についてお風呂や温かい料理を楽しむのは

普段よりもまた格別です。

 

計画通りに行けば大体満足できますよ。

旅行の注意点でも触れていますが、旅行は計画段階からすでに始まっています。

 

そりゃあ100%計画通りにはなかなか行きませんが

そのたびに計画を立てていたんでは時間がもったいないです。

せっかく観光に行っているんだから行動、体験だけに時間を使ってほしいです。

 

しっかりした計画を立てていれば、そもそも雨だからと言って

観光が楽しくないはずはありません。

晴れの日にしか見られない景色もあるように

雨の日しか見られない景色だってあります。

 

雨の日の旅行が楽しめるようになったら

どんな時でもどんな場所でも楽しめる事間違いないです。

ぜひ色々な経験をしてみてくださいね。

 

 - 旅行の楽しみ方 , ,

フォレックス・ドットコムクチコミ情報