大正ロマンで非日常を~憧れのあの時代を旅するブログ~

華やかで儚い大正時代を味わいませんか。

*

京都~八坂神社周辺&五龍閣~

   

 

P1010388

 

9月4日までの休館が終わり、行ってきました五龍閣”夢二カフェ”。

 

前回は祇園の花見小路を通り五重塔経由で行ったので

今日は八坂神社周辺から清水寺を目指しました。

八坂~清水はどの道を通っても風情があって良いですね。

 

電車を降りて四条河原町から四条通りを通って八坂神社へ。

南座ではちょうど午後の公演だったのでしょうか

かなりの人だかりでした。

中村獅童さんが出演されていたようですね。

(一緒に宝塚っぽい演劇もされていたけどそれも人気なのかな?)

P1010366

 

P1010370

ランプ型の電燈がほんのり灯っているのはうれしいんですが

いかんせんお店やビルの看板や電線で風情が台無しです。

京都も観光地で、現代という世の中を痛感させられます。

ちなみにこの通りは四条通りを挟んで祇園花見小路の北側の通りになります。

京都を観光する際はぜひ四条通の南側を散策してくださいね。

 

P1010373

P1010375

P1010376

 

八坂神社付近の雑貨屋さん、奥へ続く小道を経て石塀小路へ。

前回五龍閣へ行った時は二年坂の王道ルートで行ったので

今回は少し違う道で行ってみました。

 

P1010377

とはいえ、最終出てくるのは清水寺前の道。

今日は月曜日でいつもより比較的観光客の方も少なかったと思います。

 

P1010379

そしてこの道を抜けた先に、

 

P1010380

 

着いた―!前回休業中で入ることのできなかった五龍閣カフェが

今日はちゃんと営業されてました(^-^)

 

P1010382

P1010384

入口からは靴を脱いで赤じゅうたんの上を歩きます。

昔からこのスタイルだったんでしょうか?だとしたらうれしいですね。

見上げると建物のモダンな造りが伺えます。

団体客の方が貸切で使われたりするんでしょうか。

 

一階の奥へ進むと五龍閣お馴染みのあの喫茶店の風景です。

P1010397

(なんか全体的にブレてしまっていてごめんなさい>_<)

夕方4時過ぎに入ったせいかお客さんは女性の2人の一組だけ。

ゆったりすることができました(写真もいっぱい撮れました)。

 

P1010388

P1010389

P1010390

夢二カフェらしくメニューにも竹久夢二の作品が

たくさん紹介されています。

壁にもたくさんかかっていました。

夢二の絵に囲まれながらゆっくりできるのは贅沢ですね(^-^)

今回は抹茶豆腐スイーツをチョイス。

 

P1010395

 

BGMのクラシックを聴きながら写真をパシャパシャ撮っていると

5分くらいで出てきました。

お皿に乗っているのは京野菜の形をしたカステラです。

一つ一つ丁寧に説明してくれたお姉さん、ありがとうございました。

 

P1010396

右下の抹茶の蜜をかけるとこんな感じに。

蜜自体はかなり甘いですが豆腐の方がさっぱりしているので

ちょうどいい感じでした(^-^)

私は蜜の量は半分でいけましたが、甘党の方は全部入れてしまっても

良いかもしれませんね。

 

ほうじ茶で口を休めながらカステラもいただいたりして

抹茶と豆腐を堪能しました。

抹茶のほかに黒蜜きなこ味もあるので、食べたくなった方はお好みの方を。

 

P1010391

P1010392

店内から外の噴水をパシャリ。

お店の中からしか撮れない風景もありますからね。

カフェでお茶している人だけの特権です。

この席は喫煙席になっているので

誰もいなかったことがラッキーでした。

 

美味しく頂いた後はお会計を済ませて外側を散策。

P1010398

P1010400

P1010402

P1010403

 

中も外も時代を経た重厚さがありますね~。

一番上の見張り台の様な小部屋は使えるのかな?

次行った時聞いてみよう!

 

店内は広々としていて建物という窮屈さが感じられない

解放感にあふれていました(写真からは分かりづらいですが^-^;)

その分ちょっと涼しくはなかったかな~と感じました。

(かかっていないクーラーとかもあったし)

 

もしお客さんが多かったら冷房はかかってたのかな?

普通の喫茶店の様に中で涼めると思うと当てが外れるかもしれないので、

ゆっくり雰囲気を味わうために利用してみてくださいね(^-^)

 

五龍閣”夢二カフェ”

 

 - 京都 , , ,

フォレックス・ドットコムクチコミ情報