大正ロマンで非日常を~憧れのあの時代を旅するブログ~

華やかで儚い大正時代を味わいませんか。

*

京都~時代を感じる街並み・清水からの路地~

   

 

P1010436

 

 

五龍閣を出てせっかくなので清水寺の方へ。

P1010405

P1010404

 

ド平日とはいえやっぱり清水寺はすごいねぇ~。

海外からの観光客の方が思った以上に多い!

日本を好きになって帰ってくださいね(^-^)

 

このまま坂を下りて行って街の中心の方へ。

今回もまた、前とは違う道を歩きます。

その方が色々発見があるんですよ。

っていうか有名なところはすでに紹介されてますしね。

 

P1010411

 

P1010415

コーヒーぜんざいとやら発祥のカフェや

明らかに時代を感じさせる食堂、

 

P1010416

P1010418

大正・昭和に建てられたんじゃないかって感じのアパートや病院、

 

P1010431

P1010447

いかにも町の人に愛されていそうなレトロなカフェなど、

これらの建物は全部、普段観光される道から二、三筋入った所にあるんです。

 

今回一番大正ロマンっぽいと感じたのは何でもない住宅の連なりでした。

P1010435

P1010436

P1010438

P1010439

P1010440

P1010441

ただの古い住宅地と言われればそれまでですが、

先ほどのアパートや診療所を見た後でのこの家々は

色々な想像を掻き立たせます。

 

最近こういった時代の小説を読んでいることもあって

このあたりに住んでいる人はあの診療所に通っていたのかな、

実は文豪が病を抱えながらも部屋にこもって小説を書いているんじゃないかな

など、大正・昭和の時代を勝手に感じていました(^-^)

 

 

京都は観光地で、目につきやすいところは

開発が進み当時の面影がなくなっている場合が多いです。

仮に面影が残っていたとしても、何らかの手が入った時点で

それはすでに人工的なもので当時の物ではありません。

 

今回歩いたこの路地ももしかすると開発された後なのかもしれませんが、

歩いているだけで昔の時代を思わせる風景、空気が感じられました。

こういう場所が今後も残ってほしいと思います。

 

京都の観光地に来てわざわざこんな路地に入る予定はないかもしれませんが、

人もほとんど歩いていないですし

ゆっくりと普通とは違った京都観光ができますよ(^-^)

 

迷わない程度に行く道と帰り道を変えて

歩くことでも観光を楽しんでほしいともいます。

レトロな所、大正ロマンを感じたければ、

なおさら路地や道を変えるのがお勧めですよ。

 

 - 京都 , ,

フォレックス・ドットコムクチコミ情報