大正ロマンで非日常を~憧れのあの時代を旅するブログ~

華やかで儚い大正時代を味わいませんか。

*

兵庫・神戸~北野異人館~

   

 

 

700

神戸観光ループバスに揺られやってきたのは神戸異人館街。

神戸らしくオシャレな建物ばかりで海外に来た様な感じさえする街並みです。

 

P1010672

異人館が北野腸に出来た背景としては鎖国が解かれた日本における

来日外国人の増加が大きいようです。

各国との条約の関係で外国人は外国人で固まった居住地区にせざるを得ず、

結果的にモダンでお洒落な建築物が集まる地域が出来たんですね。

 

最初は観光地にする予定はなかったとの事ですが

(だってただ外国人が住んでいた家ってだけですもんね^-^;)、

70年代に女性誌に取り上げられたりNHKの朝ドラの舞台になったことが影響して

異人館の撤廃から保全に向かったそうです。

当時最大で約200棟近く存在していた所から比べれば少ないかもしれませんが、

そのオシャレで独特の地域は数が減っても今なお健在です。

 

古いものは昭和から建てられ、大正・昭和を経て平成の今でも残っているんです。

洋館ということでなおさら大正ロマンを感じさせますねぇ~。

期待度が上がりまくりです!

 

異人館前でバスを降りるとまず目を惹くのが、道を挟んで向かい側にある「ベンの家」。

P1010673

バスでここまで来た方はここを観光のスタート地点にすると分かりやすいと思います。

そして降りた場所からすぐの階段を上がって坂の上の異人館を目指します。

 

P1010688

 

700

P1010677

P1010679

P1010680

階段を上がってすぐ見えるのがラインの館とアメリカ館です。

左手に見えるのがこのラインの館。

現在は修復作業中に着手するために外観だけ鑑賞できる様になっています。

その代わりかもしれませんが無料で見学できます。

 

P1010684

P1010687

こちらはアメリカ館。カフェが併設されているようで、

見学した時間はちょうど貸切で中まで無理やり入っていけませんでした。

それでもテラスがあったりとラインの館よりも開放的な感じがしましたね。

 

どちらも古き良き洋館という感じがしました。

平日に来るともっとゆったり鑑賞できるかもしれないですが

異国的で海外に来た感じを味わうことができますよ(^-^)

 

P1010688

P1010689

そのまま坂を上がり異人館を目指します。

 

結構急な坂になっているのでゆっくり上がってくださいね。

9月とはいえ天気が良かったということもあってかなりの暑さでした(^-^;)

 

P1010691

ずっと整備された景観というわけではなく、

所々こういった路地も挟みながら異人館めぐりをします。

こういった隙間の情緒もなんか良いですよね。

 

フウフウ息を切らしながら急な坂を上がり着いたのが

デンマーク館・オーストリアの家などが固まった華やかなスポットです。

P1010695

見とれてここの写真をあまりとれなかったのは痛恨の事実!!

近いうちにもう一度行くと思うのでその時リベンジです・・・

 

異人館は基本的に有料のところが多いので、

・セットになったお得なチケットを購入するとお得

・もしくはタダの所だけ見学して後は外から楽しむ

というのでも充分有意義に過ごせると思います。

 

現に今回私は入館料は一切払っていませんがそれなりに楽しめました。

(決してケチったわけではないですからね^-^;)

また近いうちに来れるし、後はなんというか

ぶっちゃけ、こういったところに入るのに一人ではさみしいですよね。

 

 

 

今回は雰囲気を楽しめたのでそれで良し!

外からでも目を惹くデザインなのでそれを眺めているだけでも楽しいです。

(あと坂がきつくて登りの時は結構きついですよ!)

今度は本気で楽しむために誰かと来ます(^-^;)

 

P1010692

異人館最北のうろこの家を外から見学した後、

北野広場やお土産屋さんの方に進路変更。

最北まで来たのでこれからは下りで少々楽でした。

 

楽といっても急な坂の場所が多いのでゆっくりきを付けて降りてくださいね。

 

P1010696

ティファニーの休日という喫茶店、

 

P1010693

現在は閉鎖されているオランダ館、

 

P1010701

ハンター迎賓館という格式高そうな結婚式場を通り、

北野広場にやってきました。

 

P1010702

到着した時に広場に人だかりができていて拍手が起こっていました。

何が起こっているのか見てみたらマジシャンの人が手品をやっていたみたいですね。

人が去ってからよくよく見ると、なんと友人に激似で焦りました笑

一瞬近寄ってマジで顔を確認しに行ったくらいでしたから(^-^;)

あいついつのまにマジシャンやっててんwみたいな。

結局人違いだったんですけどね。

 

まあそんなこともありましたが北野広場には

風見鶏の館と萌黄の館というこちらもキレイな館が隣接されています。

P1010704

こちらは萌黄の館。風見鶏の館はマジシャンショックで撮り忘れました(>_<)

(言い訳になってないですけどね^-^;)

これらもまとめて次回行った時に残さず見学してこようと思っています。

 

ここから南の方に降りて行くと坂の両サイドに

お土産屋さんやカフェが隣接されています。

でも私は例のごとく道を2,3筋逸らした別の道を歩いていました。

P1010707

P1010709

京都の観光の時もそうでしたが、観光地なのに生活感が感じられる場所こそ

実は当時の生活に一番近づける観光場所だと思うのです。

 

マイナー過ぎて地元の人しか通らない。

でもそこでは誰かが生活していて昔からのその土地の空気が流れている。

この神戸北野異人街では北に行き過ぎて登山コースに入る様な道や

観光ルートから一歩外に出た道であったり風景であったりが

とてもいい感じを醸し出しているんですよ。

ぜひここに来られた時には皆さんにも味わってもらいたいと思います(^-^)

 

 

特に異人館の中を見学せず、しかも一人なのに

一通りぐるっと回るとそれだけで一時間くらいはかかりました。

北野天満宮でお参りをしたいならもう少し多めに時間を取ってもいいですね。

(その前に境内までのあの階段を登りきる体力はすでになかった・・・)

 

P1010713

少し遠回りをして坂を下りて再びベンの家へ。

そこを通り過ぎると見えてくるのが「トリックアート・不思議な領事館」です。

 

P1010715

いやいや、こんなん一番行きたいやんw

でも一人じゃ入れない泣(楽しさ的に)

やっぱりこういう時こそ多人数でワイワイじゃないとね。

前で立っていた係の方に一人でも楽しめるよ的なことを言われましたが、

やっぱりここも次回にしたいと思います(^-^;)

いやぁ、次はたっぷり楽しめそうで良さそうですね~(ちょっとヤケ)。

 

という感じで北野異人館巡りは終了です。

やっぱり味わったことをそのまま伝えるのって難しいですね。

今回は9月といえど天気が良く暑い日差しの中の異人館巡りになりました。

 

坂がきつい上になかなか範囲も広いので

足元を気をつけて水分を補給しながらというのが

一番安全に回る方法だと思います。

 

若くて体力があるからって、日差しの下を歩き回ることをナメちゃだめですよ。

私は調子に乗って一回熱中症になっているので(^-^;)

せっかくの観光なので安全に楽しく行きましょう!

かき氷やソフトクリーム、カフェなんかでゆっくりしてもいいですね。

 

とにかく歩きまわるだけでもロマンを感じられる素敵な場所だったので

行ったことのない皆さんにも一度訪れてほしいスポットだと感じました。

次回はもっとマシな観光日記になると思います(^-^;)

 

そしてこのままカフェへと進むのであった。

 

北野異人館街

 

 - 未分類 , , ,

フォレックス・ドットコムクチコミ情報