大正ロマンで非日常を~憧れのあの時代を旅するブログ~

華やかで儚い大正時代を味わいませんか。

*

東京旅行~たいめいけん・旧古河庭園

   

 

IMG_0328

 

平日に2連休取れたので、久しぶりに東京観光。

もちろん目的はレトロ・大正ロマンを感じられる場所散策です。

 

関西空港からPeachで約1時間。リムジンバス約1時間で東京の中心に来れることを思えば、大正当時の人は遠くに観光に行くだけでも一大イベントだったでしょうね。

 

お昼に東京に着いたのでまずは腹ごしらえ。

今日のランチは日本橋のたいめいけんでいただきました。

 

IMG_0306

 

開店前だというのにすでに並んでいる方がいらっしゃいました。

かなりの人気店なんですね~^-^

 

たいめいけんを選んだのは昔ながらの洋食店をいただけるからです。

オムライスが有名なお店ではありますが、この日はランチメニューのミンチカツをオーダー。

IMG_0310

 

ランチにはライスがついていて、コールスローとボルシチはそれぞれ単品でオーダー(各50円)

ミンチカツ自体も900円くらいで、とてもリーズナブルでした。

味は正直、今まで食べたミンチカツの中で一番おいしかったです!

あまりの美味しさに、一人で勝手に感動していました^-^

 

隣の方は昔ながらのオムライスを注文されていました。

こちらも美味しそうで、かなりのボリューム感を感じました。次回に食べてみたいと思います。

 

 

さてお腹がいっぱいになったところで、次の目的地は駒込。ここには旧古河庭園と呼ばれる、レトロモダンの建築物と植物園が一緒になった素晴らしい場所があるんです。

IMG_0312

 

今回の旅行の二大目的地の一つとあって大興奮でした!

IMG_0321

IMG_0325

IMG_0328

IMG_0337

 

わかりやすい写真をと思うとどうしてもよく撮られているアングルになってしまうんですが、やっぱりそれが一番建物が映える角度だと思います^-^

 

観光地に行かれる時には誰でも少なからず思い込みが無意識に出てくると思います。

東京都内とあってあまり建物も敷地も大きくないと思いきや、煉瓦造りの建物は重厚で大きくて、様々な植物と広大な日本庭園からなる庭は、いるだけで癒されるようなスポットでした。

大正時代を感じる西洋庭園に興味がない方でも、十分に癒されくつろげる素晴らしい場所だったように思います。

 

館内は残念ながら撮影禁止で、館内の見学にも往復はがきなどで事前申し込みが必要と、選ばれし人だけがあの大正の非日常の雰囲気を味わうことができます笑

館内を回られる方は人数制限がされているので逆に見やすいと感じられると思います。

屋外の白いテラスでコーヒー・紅茶を楽しんで当時の気分に浸りましょう!

IMG_0324

 

ちなみに、15分ほど歩いた場所にある六義園(りくぎえん)にも行かれる方は、セットになった入場券を購入するとお得です(たしか50円ほど)。

少し陽が射す瞬間もあったりと、梅雨時にも関わらずいい環境で楽しめました。

次回は秋晴れの時にでも行ってみたいですね~^-^

 

たいめいけん
〒103-0027
東京都中央区日本橋1-12-10

 

旧古河庭園
〒114-0024
東京都北区西ヶ原1-27-39

 

六義園・築地~旧岩崎邸庭園に続きます。

 

 - 東京 , , ,

フォレックス・ドットコムクチコミ情報